診療時間と休診

午前9:00〜12:00
午後4:00〜6:00

日曜日、祝日休診
火・木・土曜日午後休診

院長の略歴

医療相談

医療に関するご相談をお受けします。気になる事などご相談ください。

院長Blog

胃内視鏡の受け方

午前中に検査を受けることを前提に説明します。

検査を受ける際の注意事項
  • 検査前日の夕食は早めに、しかも消化の良い物を取ります。
  • 早めに就寝し、夜食を取らないようにします。
  • 検査当日は朝食のみならず、水、タバコも取らないで下さい。
  • 原則として服薬も中止しますが、どうしても必要な薬もありますのであらかじめご相談下さい。
  • 抗コリン剤(胃液、唾液の分泌を抑制し胃壁の緊張を低下させる) や必要に応じ精神安定剤なども用いる場合がありますので自分で車を運転して来ないで下さい。
  • 検査前に上着、ワイシャツなどを検査着に着替えていただきます。ベルト、帯、ひもなどはゆるめられるようにしておいて下さい。
  • 入れ歯があればはずして下さい。口唇色の観察のため、女性の場合には口紅を取って下さい。
  1. 特に初めての患者さんには不安をなくすよう看護師さん、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡技師さんより以下のことをやさしく(?)説明します。
    • 体に力を入れない
    • ゆっくりと腹式呼吸を続ける
    • 内視鏡にかみついたり決して自分の手で引き抜かない
    • 検査中できるだけ目を開けておく
    • 内視鏡がのどを通り過ぎたら唾液を飲み込まないようにする
      (咽頭麻酔のため唾液が気管に入り、むせて咳が出やすくなる)
  2. さて前処置が始まります。検査の10〜15分前に抗コリン剤を筋肉内注射します。緑内障、前立腺肥大、心筋障害(狭心症など)のおそれがある場合には代わりの注射をしますので申し出て下さい。
  3. 注射の後、消泡剤(粘膜表面の付着粘液を除去する)を飲みます。
  4. 検査直前に液状麻酔剤約5mlをのどの奥へ入れためてもらいますので、麻酔剤によるアレルギーの既往のある方は申し出て下さい。この際、のどの奥で確実にためておくことが大切です。でないと舌のみが麻酔されのどが麻酔されていないことがありますので注意が必要です。
  5. さらにスプレー剤にて咽頭局所麻酔を追加します。
  6. 検査台に上がる前に胸部・腹部を圧迫しないようベルト、下着などをゆるめて下さい。膝を軽く曲げ左を下にして横向きで検査台の上に寝ます。検査台は胃液が1カ所に集まり視野が確保しやすいように、少し頭が下がるようセットしてあります。
  7. いよいよ検査開始です。スコープ挿入時の姿勢ですが、図に示すようにあごを軽く前へつき出します。首を強く反らしたり、あごを引き過ぎたりしては挿入できませんのでこういう場合には看護師さん、消化器内視鏡技師さんが後ろから首を支えます。【図1】

    【図1】

    スコープ挿入時の姿勢
    あごを多少突き出した姿勢。
    スコープの挿入が容易。

    スコープ挿入時の姿勢
    あごを引いた姿勢。
    スコープの挿入は困難。

    スコープ挿入時の姿勢
    首を強く反らした姿勢。
    スコープの挿入は困難。

    ※消化器内視鏡テクニックマニュアル(南江堂)より引用
  8. 舌を軽く前につき出して下さい。口の中にスコープが入ってきます。こちらから「はい、ごくっと飲んで」と言います。軽く唇を閉じて「つばを飲み込む」ようにします。この際スコープを強くかまないように注意して下さい。また口を軽く閉じないと「つばを飲み込む」ことは困難です。挿入がうまくいかないときは、いったんスコープを抜いてからスプレー剤による咽頭局所麻酔をやり直し、再度挿入を試みます。
  9. うまくスコープがのどを通り過ぎ食道に挿入できたら、マウスピースという器具を噛んでもらいます。 (ただしスコープを強く噛むおそれのあるときにはあらかじめマウスピースを噛んでもらったままでスコープを挿入することもあります。) この時点から腹式呼吸をゆっくりして下さい。早い呼吸を続けると過換気による症状(手足のしびれ感など)が現れてしまいます。
  10. 検査は順調に進み、スコープが食道から胃内に入ってきます。スコープが胃の出口付近まで進んでくると、胃が突っ張る感じを受けます。この時思わずゲップが出そうになりますが、ゲップをするとまた胃内に空気を入れねばならず、結局検査時間が長くなってしまいますので、できるだけ我慢して下さい。
  11. 観察が終わりました。胃内の空気を抜きながらスコープを抜去します。のどを通過する時には呼吸を止めて下さい。
  12. 「終わりました。」の一言でほっとしますが、検査台から起き上がるときや下りるときに転げ落ちないよう注意して下さい。
  13. 咽頭局所麻酔のため、のどの感覚が鈍っています。誤飲の危険性がありますので飲水、喫煙は1時間ほど我慢して下さい。ご苦労様でした!